ペットとの暮らしを考える

main_news

近年、結婚率・出産率が低下し、家族として迎え入れられるペットも多いようです。
そんなペットたちは私たちより早く寿命が訪れます。
とても悲しい事ですが、現実を忘れて家族として迎えることは、とても危険な事ともいえます。

家族を失うことのかなしさ・・・ペットロスと呼ばれる、精神的な落ち込み。
どうしてこうしてあげられなかったのだろう・・・。
後悔しても悔やみきれない事や、たくさんの愛らしい想い出があふれてただただ悲しい・・・。

私の仕事は「もっとこうしてあげたかった」という思いをすくい取り、「もしも」の後悔の一部を軽減することです。

多くの方が直面する、経済的な事での悩み。

そう。
ペットと呼ばれる家族には「健康保険」が基本的にありません。
病気や怪我で高額の治療代を払うことが、生活と精神的な余裕を奪います。

既存のペット保険ではカバーしきれないことも。

わが子のように思うのであれば、これからペットと暮らす方には、10年先に自分の生活水準・仕事の状態など考え「ペットのための貯蓄」をお薦めしたいと思います。
子供がいれば「教育資金」を考えると思います。 それと同じくペットの病気や怪我だけでなく「ペット介護」も考えなければなりません。
ペットに費やす時間も病院に行く回数も増えるからです。
仕事が忙しくなる年齢、もし誰かに任せるなら(散歩を頼む、留守中にシッターを頼む等)それなりの費用がかかります。

人間だけでなく、今からの時代は自分たちより先に訪れる「ペットの老後」を考えた生活設計も必要になるでしょう。

そういったご相談は 高田充史 まで。

 高田充史 の経歴・ご紹介

ファイナンシャルアライアンス株式会社神戸支店 ファイナンシャルプランナー

結婚・保険の最新情報をお届けするサイト「結婚保険 nabi」 オーナー

 

ファイナンシャルアライアンス株式会社神戸支店 http://kobe-hoken.com/

結婚・保険の最新情報をお届けするサイト  http://www.kekkon-hoken.com/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. bousaibitikukan

    2018-1-18

    関西テレビ「報道ランナー」でペットとの防災・備蓄缶詰として紹介されました。

    2018年 1月15日 報道ランナーにて ペットとの防災を考え発売された「マヒマヒ缶」が紹介されまし…
  2. Kifu

    2018-1-16

    寄付・募金のお願い

    毎月保護している猫や犬がサポートを必要としています。 ご飯にトイレシートや砂などの費用の他、 去…
  3. 1-21譲渡会-1

    2018-1-15

    第12回目の犬猫譲渡会のお知らせ

    2018年1月21日(日) 大阪吹田の紳士服のオルボ様にて 第12回目の犬猫譲渡会を開催します。 …
動物病院
オススメアイテム
ペットと旅行
ページ上部へ戻る