濱口善行さんにパワーをもらったら

eventban

この二匹の猫は死にかけだった。先生に『この子達はもう何しても助からないと思う、諦める方がよい』と言われても一カ月病院に通いながら、なんとか体重も増やした。

だけど、両目が開かない。

一匹は奇跡的に片目が開いた。

なんとかならないかと、いろいろ試すうちによゐこ濱口さんの弟さんである善行さんが『やってみませんか?』とパワーを注入?してくださることになった。

IMG_3675

驚いた!?

翌日、ビチッ!と閉じてしまっていたほうの目もうっすら開いていた。

眼球は見えないけど、手術するにもまぶたが線がはいってもないくらい閉じてしまっては難しい、といわれていたので、軟膏の目薬をぬって完全に閉じないようしなければならなかった。

でも、昨日までは閉じた上から意味もなく薄くぬってげるしかなかった。

それが目のフチに塗り込んであげることができるようになったのだ!

病院で先生が綿棒や指でこじ開けようにも無理で、毎回血が滲んでいたのが、自然と少しだが開いたのだ!

この目で見た奇跡。

見放されてしまった、この小さな命に二度目の奇跡がおきた。

三度目の奇跡、私は信じたい。

ありがとう、濱口さん!

今日は今まで見たことがないくらい、体力もついたのか遊びはしゃぐ二匹を眺めてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. bousaibitikukan

    2018-1-18

    関西テレビ「報道ランナー」でペットとの防災・備蓄缶詰として紹介されました。

    2018年 1月15日 報道ランナーにて ペットとの防災を考え発売された「マヒマヒ缶」が紹介されまし…
  2. Kifu

    2018-1-16

    寄付・募金のお願い

    毎月保護している猫や犬がサポートを必要としています。 ご飯にトイレシートや砂などの費用の他、 去…
  3. 1-21譲渡会-1

    2018-1-15

    第12回目の犬猫譲渡会のお知らせ

    2018年1月21日(日) 大阪吹田の紳士服のオルボ様にて 第12回目の犬猫譲渡会を開催します。 …
動物病院
オススメアイテム
ペットと旅行
ページ上部へ戻る