hogo

猫を拾ったら、まず何をすればいいか?
初めて保護した場合や、まして猫を飼ったこともなければ、何をしたらよいのかわからないと思います。

そんなときの為に、猫初心者でも知っておくべきポイントをお教えします。
まずは、その猫は本当に野良猫かも調べたほうが良いです。
明らかに野良猫の出産後、放置された子猫や、子猫同士で迷ってしまっている場合はそのまま保護してもかまわないかと思います。
ですが首輪や、最近ではマイクロチップ※(体内に埋め込む電子機器)の埋め込みがあるので、成猫については警察や動物病院に確認する事もお勧めします。
(※マイクロチップの役割・・・猫が脱走、盗難、災害などで行方不明などになったときに確実な身元証明になります。動物病院や動物保護センターにあるマイクロチップリーダーを猫の体にかざすことで飼い主が判明します。)

拾ったらすぐにするべき事 「病院で検査」

pet_kenkou_shindan_cat
猫を拾った、保護した時にすべきことは健康診断と予防接種です。
まずは血液検査と耳ダニや蚤の検査・駆除をしましょう。
自宅に犬や猫、他の小動物がいる場合、うつったりする事の無いように、きちんと検査をして投薬を済ませてからしばらく隔離(ケージ)します。
先生にきちんと他のペットとのコンタクトしても大丈夫な時間間隔を聞いておくと良いと思います。

チェック事項

■ 血液検査で分かる事・調べる事
猫白血病ウィルス・猫エイズウィルス

猫同士で感染する恐ろしい病気で、動物病院ですぐに確認できます。
しかし、注意すべき点として、感染からある程度時間(約3週間~1カ月)がたたないと、
感染していても検査結果に反映されないことがあります。
できる限り当日安心せずに、後日日にちを開けて再検査をお勧めします。

■ 検便で分かる事・調べる事
猫パルボウィルス

下痢をしている子猫は猫パルボウィルスに感染している可能性があります。
猫パルボウィルスは幼猫に感染すると死亡率が高い恐ろしいウィルスです。

■ 蚤・ダニのチェック

耳ダニがいる場合は頻繁に耳を搔きます。
中を見ると黒っぽい耳垢がたまっている事が多いです。
きちんと薬剤を使って耳を必ず掃除をしてもらいましょう
人間の血も吸うので速やかにノミ駆除薬で速やかに退治しましょう。
(主にフロントラインやレボリューションと呼ばれる滴下薬品が使われます)

他にもくしゃみ、目やになどの症状がある場合は、一般的に猫カゼと呼ばれる猫ヘルペス
ウィルス、猫カリシウィルス、猫クラミジアなどかもしれません。
猫に多いのは皮膚糸状菌です。
猫の皮膚に感染していることがあり、これも人間にうつることがあります。 感染するとその
部位が脱毛し、痒みがでます。フケがでることもあります。
動物病院で皮膚糸状菌症が指摘された場合、猫を触った後はしっかり手を洗いましょう。

拾ったらすぐにするべき事 「自宅の環境準備」

猫を飼うのに必要なものを準備しましょう。
猫を飼うために最低限必要なものは、水と食事とトイレだけですが、場合によっては隔離する期間も出てくることもあります。
病院で詳しく聞いてから、適したフードを教えてもらう事も大切です。
初めて保護、飼育をする場合は何をどのように与えればよいかわからないと思います。
病院でもフードやミルクなどの販売がされている場合が多いので、受付で聞いてみるのもよいでしょう。

一応の目安としては、体重500gを超えていればほぼ離乳しているので、固形フードを与えても大丈夫です。
フードは「総合栄養食」と記載してあるフードであれば大丈夫です。
好みもありますが多くの猫はドライフードよりもウェットフードをよく食べます。

hogo2

子猫(生後数日~1カ月の子猫)

生後3週間まではミルク(粉ミルクをぬるま湯で溶くもの。紙パックのミルクではありません。
与える時は人肌、熱いものは与えないでください)を3時間~4時間おきにあげます。
★飲ませる時の注意・・・仰向けにさせてはいけません! 四つ這いに近い状態で飲ませます。

歯が生えだして来たら(生後3週間を過ぎたころ)離乳食の時期です。
子猫用離乳食とミルクを日に4回ほど一定時間を空けて与えます。
(ミルクは必要なくなってきますので薄めて水分補給くらいのつもりで。)

1カ月目くらいになると離乳食+水に変えていきます。
(水をうまく飲めない場合があるので、離乳食に少しミルクをかけて「舐める」事を教えながら
も良いかもしれません)

生後1か月以上になると固形物が食べられます。

が、衰弱した子猫やきちんとしたモノを食べられていなかった子猫であまりにも小さい
(500gあっても)場合は子猫用の離乳期のフードを与えながら様子を見たほうが良いでしょう。
栄養が足りない場合ミルク(粉ミルクをぬるま湯で溶くもの、飲ませる時熱いものはダメ)
も少し与えても良いかもしれません。
日に3回に分けて餌を与えます。(いつも新鮮な水を飲めるように常に置いてください)

2か月以降の子猫は固形フードで大丈夫です。

新鮮なお水(大きな器に水をはるなどして置いておきます)とフードを日に2回から3回
与えれば大丈夫です。

成猫(1歳を過ぎたころの猫)

固形フードと新鮮なお水(大きな器に水をはるなどして置いておきます)を日に2回ほど
与えてください。
あとはトイレに砂をしいて、その場所を教えてあげればそこでします。
子猫の場合は覚えるまでは根気が必要です!
そわそわしたり、鳴きながらうろつくなど様子で分かる場合はトイレに連れていきましょう。
最初は色んな所にしますので、おしっこをトイレに匂いをつけるようにしてみるなどの工夫も必要です。

その他は、お風呂はすぐには入れないこと。
綺麗にしたい気持ちはわかりますが、少し待ちましょう。風呂ギライな猫にとっては、かなりなストレスとなります。
そして、人に嫌なことをされたと思い、人間、ひいてはあなたの第一印象が最悪になり、仲良くなれない事にも繋がります。

授乳期(生後数日から3週間、体重が400gまで位)の子猫を拾ったけど病院が開いていない場合

離乳前の猫を拾ったけど動物病院が開いてない、そんな緊急の場合は、なんとかミルクをあげて下さい。特に眼が開く前の生後1週間以下の子猫は数時間ミルクをあげないだけでも死亡する可能性があります。

近くに猫用ミルクを買うお店もない!という場合は、人間用の赤ちゃんミルクを通常の2倍に薄めたもので代用する方法もあるようです。これらのミルクはあくまで代用なので翌日以降は猫用ミルクにすぐに切り替えてください。
通常人間が飲む牛乳は絶対与えないでください。

hogo3

また授乳期の猫は自分でおしっこ、うんちができません。
ティッシュで肛門周囲をぽんぽん刺激してあげましょう。(優しく早めの小刻みに振動させると良いでしょう)
きちんと排尿ができていない場合は膀胱がパンパンになって大変な事になってしまいます。
ミルクを飲ませた直後に排尿させるのは、子猫にとって負担となるので、飲ませる前か飲んでしばらくしてからが良いでしょう。


もしなにか迷ったら獣医師に相談しましょう。
拾ったけど保護したけど飼えないときは里親探しをしましょう。
その為に検査結果の用紙や成長写真をとっておきましょう。

関西ペット協会へ里親探しを頼む場合はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 8-20譲渡会

    2017-8-8

    第7回犬猫譲渡会開催します(大阪吹田、犬猫譲渡会)

    2017年8月20日(日)に大阪で第7回犬猫譲渡会を開催いたします。 (AM11:00 ~ PM3…
  2. knkyobanner

    2017-7-24

    里親様からの近況報告(ジャック(現在まるちゃん))

    先日の譲渡会で家族に迎えられた、ジャック(現在まるちゃん)のご家族から近況報告の ご連絡をいた…
  3. ご寄付7月12日1

    2017-7-21

    あたたかいご支援いただきました!

    ご依頼を受けて、一時的に協会でお預かりしている猫ちゃんの保護者様より キャットフードなどのご寄…
動物病院
オススメアイテム
ペットと旅行
ページ上部へ戻る